大阪軽金属商協会
 大阪軽金属商協会は昭和35年11月に伸銅品問屋組合の内部にありましたアルミ部会が分離独立して、大阪軽金属問屋組合が創設され、その後、平成8年5月に大阪軽金属商協会と改称し今日に至っています。

 アルミニウムメーカーと需要家双方により良きパートナーとして、アルミニウムのプロ集団で構成されています。アルミニウムとともに時を刻み50年、新たなアルミニウム歴史を開拓・創造すべく、当協会は前進してまいります。
     
  大阪軽金属商協会のトップページへアルミニウムの製品紹介を見るアルミニウムの素材紹介を見る大阪軽金属商協会の会員会社を見る大阪軽金属商協会の協会概要を見る大阪軽金属商協会の活動計画を見る大阪軽金属商協会へ問い合せする  
     
     
  アルミニウムとリサイクル家電     

リサイクル性を高めたアルミニウムテレビ
 プラスチックに比べると金属材料はリサイクルの効率がよく、環境対応設計の結果、部品をプラスチックからアルミニウムなどの金属に代替えした例もあります。たとえば、オール金属キャビネットを採用したテレビは業界初の試みとして注目されています。キャビネットにはアルミニウムとマグネシウムを使用。放熱性にすぐれているため、従来のプラスチック製にあった放熱孔が不要となりました。さらに、ほこりや水分の侵入がふせげるようになり、外観のデザイン性向上、長寿命化を図ることができました。このキャビネットの場合、アルミニウムは表面を無塗装で使用することができるため、溶解時の環境負担が低くなるというメリットも発揮します。

 
     
 
  Copyright (C) 2005 Osaka Light Metal Merchant's Association All Right Reserved.